オリジナルカードの作り方

オリジナルカード作成は難しいことではないのですが、経験したことがないことってよくわからなかったり 何かと不安になったりしますよね。そんな皆さんのために少しかみくだいてわかりやすくお伝えできればと思います。説明不足な点がありましたらご遠慮なくご連絡ください。

1. 原稿になる写真を用意しよう!または選ぼう!

まずは原稿になる写真を用意しましょう。写真はプリントした写真でもスマホやデジカメで撮影した写真どちらでも対応できます。ケータイで撮影したお写真の場合には画質が気になるかと思いますが、最近のスマホで撮影したものであれば画質もかなり良いので基本的には問題ないことが多いです。 ただメールで写真を送る際に容量の関係から画質を落としたり、アプリ等で加工した画像の場合に画質が低くなる場合がありますのでご注意ください。

作成前でも原稿の確認を行えますので不安な場合にはメールにて画像をお送りください。
送付先 tcp@lacarte.co.jp ※メール本文に「画像が使えるか確認希望」とお書きください

画像は特にないという場合には自由に使える ストックフォトをご用意しているので、イメージに合うものを選びましょう。

2. カードケースを選ぼう!

カードに枚数分ついてくるカードケースを選びましょう! 女性に渡すなら華やかなもの、男性に渡すならシンプルなものなど渡す方に合わせて選べます。 有料にはなりますがデザインカードケースもございます。こちらはスタンダードカードケースに比べてケースの紙質が良く、渡すときに少し高級感が出るのでおススメです。

ギフトは渡し方が大事です カードケース

その他にも「カードケース印刷」「オリジナルカードケース」「のし印字」等のサービスもあります。 オリジナル感のあるギフトにしたいときにはカードのみではなくカードケースでも贈物を演出してみてはいかがでしょう。

3. 作成方法を選ぼう!

作成方法はデザイナーにデザインしてもらう「デザインおまかせ」、自分で WEB 上でデザインする「デザインカードメーカー」、adobe illustrator で作成する「フルデータ入稿」(基本的にソフトが必要なためプロ仕様)の 3 種類あるので自分に合った作成方法を選びましょう。

デザインおまかせプラン

自分でデザインする(デザインカードメーカー)

フルデータ入稿(Illustrator)

「デザインおまかせ」 なら簡単に作成できますが、おススメはやはり自分でデザインする 「デザインカードメーカー 」です。
adobe Illustrator 等のプロ仕様のソフトに比べるとデザイン自由度が少し下がってしまうのですが、やはり自分でデザインするからこその「俺のギフト感」が良いと思います。 その他にも原稿確認などがないため納品までのスピードが早かったり、1 枚当たり 30 円お安くなったりなどのメリットもあります。なんとなくポイントをまとめると下記のようになりました。

  デザインおまかせ デザインカードメーカー フルデータ入稿
デザイン自由度
デザインクオリティ
俺のギフト感
簡単度 ×
納品までのスピード
価格
満足度

4. 注文しよう!

準備ができたら注文をしましょう。オリジナルカードのページ から商品を選んで
買い物かごに入れる→購入手続きへ進むと注文を進めます。
詳しい流れはこちら を確認してください。
原稿(お写真など)を送るのは注文完了後に送りますのでご心配なく。
※デザインカードメーカーの場合はご注文の際に原稿を作成します。

お手持ちの写真から”わたしだけの”のオリジナルカードが作れます。

5. 原稿を送ろう! ※デザインカードメーカーでは必要ありません。

注文が終わったら次は原稿を送ろう。原稿は原稿送付フォームから送ります。
原稿送付フォームにはレイアウトの希望を入力する欄があります。 イメージがある場合に細かく指示を入れても良いですし何となく「全体にかわいく」など漠然としたイメージでも入れていただくとレイアウトの際に参考にしてデザインされます。 レイアウト確認後に修正することもできますので、そこまで難しく考えずにとりあえず「おまかせ」で送ってレイアウトを見てから考えても良いと思います。 悩みすぎると時間がもったいないですからね。
なお、レイアウトの修正は 2 回までとなっております。3 回目以降は別途費用が掛かってしまいますので注意しましょう。

E メールや郵送でも原稿を送れます。その場合は下記へお送りましょう。
※郵送の場合にはレイアウトの指示を書く  レイアウト指示書 を同送しましょう。
※E メールの場合はメール本文に入れる文字と受付番号を書きましょう。

E メール
tcp@lacarte.co.jp
郵送
株式会社ラ・カルト デザイン担当宛
〒107-0062  東京都港区南青山 1-12-31 ウイング南青山 S 館
TEL 03-5785-0231

6. レイアウトを確認しよう!修正は遠慮なく!
※デザインカードメーカーでは必要ありません。

原稿を送って 2 ~ 3 営業日でレイアウトが送られてきます。印刷に進んだ後は修正できないのでレイアウトが届いたらしっかり確認することが大事です。

確認するポイントは主に下記です。

  • カードの種類、券面額があっているか。
  • 文字に間違いがないか。(アルファベットのスペルや漢字の文字が違わないかなど細かいところまで見よう。)
  • 全体のバランスが取れているか。
  • 人物が切れていないか。(原稿のお写真により切れてしまう場合があります。)

確認したら E メールへの返信にて返事をしよう。
レイアウトが決まる商品代金の支払い~印刷~発送となり、商品が届きます。

修正したいときは遠慮なく。
「最初の指示と変わると悪いよね。。。」など心配する方もいますが、満足のいく良いものができるのが理想ですから。
遠慮なんて必要ありません。
修正依頼をすると再度修正したレイアウトが送られてくるので届いたらまた確認しましょう。

7. このポイントには注意しよう!

1 ~ 6 までを実施して原稿が決まるとあとは商品代金を入金するとオリジナルカードが届きます。
最後に注意したほうが良いポイントをご紹介させていただきます。

1. 写真のピントはあっているか?

スマホで撮影した写真は意外とピントが合っていないことが多かったりします。
スマホの画面で見ていると気づきにくいのですが印刷したときに少しぼやっとした仕上がりになったりします。
写真を選ぶ際に一度拡大して画像を確認することをお勧めします。

2. 影が人物に重なっていないか?

よく見ると木等の影が人物の顔に重なっていたりします。あとから気づいたのでは遅いので写真を選ぶ際にちゃんと顔が映っているかなどのポイントもチェックするようにしましょう。
集合写真などで右側の人は光が当たっているのに、左側の人は全く当たっていないなんて写真もよくあるのですがこの場合調整が難しく少し残念な仕上がりになることがあります。

3. カードと写真の縦横比は違う

カードをそのままカードにという依頼はよくあるのですが、そもそもカードと写真の縦横比が違います。
縦をあわせると横が足りない、横をあわせると縦が切れてしまうなどありますのでできるだけ端に余裕のある写真を選んだほうが良いと思います。
図書カードとクオカードでも縦横比が違ったりします。